バストアップに効くツボ

天渓(てんけい)

女性ホルモンを活性化し、乳線の発育をよくするツボ


天渓

多くの女性にとって永遠のテーマともいえるバストアップですが、女性の身体の成り立ちを知れば、実はとても効果的なバストアップの方法があることに誰でも気が付くのです。 では女性の身体の成り立ち、そしてそれに則した効果的なバストアップの方法とは一体、どのようなものなのでしょうか。

まず女性のバストの成り立ちを確認してみると、そのほとんどは柔らかく軽い脂肪で形成されています。割合にしておおよそ90パーセントがこの脂肪に当たるといわれており、 その他の10パーセントを占めているのが乳腺というものです。そしてこの乳腺は、乳房の発達に関わったり、母乳を作り出したりと女性にとって大変重要な役割を果たしているので、 強い刺激が与えられることで傷付けられたり、その機能に損傷を及ぼさないように、周りを柔らかい脂肪で包まれているのです。
つまり、乳房の10パーセントを占める大切な乳腺を守る為に残りの90パーセントの脂肪が形成されているため、乳腺のボリュームを増やす事ができれば周りの脂肪も増やす事ができ、 結果としてバストアップに繋がるというのが、身体の成り立ちに則した正しいバストアップの方法です。

それでは、この乳腺の発育を促進する方法ですが、最も効果的な方法のひとつにツボ押しがあります。乳腺の発育に深く関係するツボというのは限られており、 そのうちもっとも有名なのが「天渓(てんけい)」というツボです。このツボは、左右の乳房の両脇にあるツボで、乳首から高さをキープしながら両サイドに手をずらし、肋骨に当たったところで手を止めます。 具体的には肋骨と肋骨の間にあり、押すと強い痛みを感じるので、それを目安に位置を確認しても良いでしょう。

天渓(てんけい)をツボ押しする場合には、位置をしっかりと確認した後に親指など面積の広い部分を使ってゆっくりと乳房全体を持ち上げるように押し込みます。 少し刺激を感じる程度に押すのが効果的なツボ押しの方法なので、ゆっくりと強い刺激を与えるように繰り返し押します。左右のツボを同時に押しても、もしくは片方ずつ押しても構いませんが、 左右対称となるように回数や秒数を決めて押すのがおすすめです。
また、天渓(てんけい)のツボ押しのタイミングはいつでもよいので、時間があるとき、リラックスタイム、バスタイムなど自分で時間を決めて1日に数回刺激するようにすれば、 自然と乳腺の発育が促されてバストアップに繋がります。乳腺の発育によって女性ホルモンの分泌量もアップし、女性らしい魅力的な身体を手に入れることも可能です。

HOMEへ

 

© Copyright バストアップに効くツボ All rights reserved.