バストアップに効くツボ

身柱(しんちゅう)

リラックス効果があり、新陳代謝や女性ホルモンを活性化させるツボ


身柱

ふっくらとした形の良いバストは女性のあこがれです。理想のバストは鎖骨の中央の部分と左右の乳首を結んだ時にきれいな正三角形になるのがバストの理想的な位置といわれています。 けれどもバストは年齢とともに乳腺や脂肪の構成の比率や、組織そのものも加齢によって変化することで、下垂して脇に流れやすくなってしまいます。

胸のカップラインも変化し、若いころにはハリのあった皮膚も伸縮性や柔軟性がなくなってきます。肌が弾力を失って水分が少なくなってくると、下着の跡がなかなか取れなかったり、 刺激によって肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。そのためバストそのもののケアももちろん大切なのですが、デコルテラインの美しさを保つために毎日のケアが必要となります。 バストが下垂して取り返しがつかないことになってしまう前に、バストアップのケアを始めることが大切です。

乳腺と脂肪組織と靭帯の繊維の束でできていて、それらを支えているのが大胸筋です。バストの組織としては乳腺が多く、しかも大胸筋との間に脂肪が少ないほうが、 バストが垂れにくく形を維持しやすいと言えます。バストが下垂してしまうというのは、乳腺を支えている靭帯が伸びきってしまうことが原因です。 バストアップやきれいで形の良いバストを維持するためには、これらのバスト組織の乗っている大胸筋を鍛えることが大切です。

普段の生活の中では大胸筋を使うことはほとんどないので、バストアップを目指すなら大胸筋を普段から意識的に鍛えることが重要です。 大胸筋を鍛え、デコルテからバストの周囲の肌のスキンケアを怠らないようにすることはもちろん大切です。

身柱(しんちゅう)は、首の付け根のぶぶんにある出っ張っている骨から下方向へ背骨のくぼみの三つ分を数えた所に位置にあります。
子供には万病に効くと言われており、普段から身柱を刺激することで健康増進につながります。身柱(しんちゅう)にはバストアップには欠かすことのできない女性ホルモンや、 新陳代謝を活発にする効果があるため、バストの形を整えたり、肌を美しくする、ボディラインをスッキリと整えるなど、美容に関する様々な効果が期待できます。

そのほかにも、低血圧や脱毛の予防にも効果があると言われている、美容面では欠かせないツボです。特別な器具などなくても、普段の生活の中で大胸筋を鍛え、 身柱を刺激することによってバストアップが実現します。

HOMEへ

 

© Copyright バストアップに効くツボ All rights reserved.